« パッとしない はなし | トップページ | 弁理士会のeLがMacで受けられないとお悩みのあなたに »

2014年1月28日 (火)

おともだち ばなし

と、ある法律の専門家の集る場で、やっぱり(?)話題になったので、一応、ここでも取上げてみたり。

▽ 昨年までの弁理士会の活動のなかで、「アミカス・ブリーフ委員会」というのがあったのはご記憶の方も多かろうと思います。
 民間の裁判参加の一態様なんだろうとおもうのですが、米国では現実に制度として運用されていて、有効に活用されているとも(いいやそうでもないとも)言われています。
 日本では、裁判の制度としては、法廷に対して当事者以外(および参加人以外)が意見を提出することはできないのですが、このほど日本の知財高裁で、実験的になのか、情報・意見の提供を求めることとしたようで、一部で注目を集めている、という次第です。

■ アミカス・ブリーフ(Amicus Brief)は、法廷の友(Amicus Curiae)と呼ばれる第三者(当事者や参加人以外の者)から提出される意見や情報のことです。Amicus Curiaeとはどんな人物か、というと、これがまた

誰でも構わない

のでして、米国では実際に、法律の専門家に限らず、例えばIT系の事件であればITの業界団体みたいなのが提出していたりします。
 また、その内容についてですが、参考までに、弁理士会のアミカス・ブリーフ委員会が作成したアミカス・ブリーフの例が、日本弁理士会のサイトに出ていますので、ご興味がおありならどうぞ:
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/201203/jpaapatent201203_082-094.pdf

■ 今回、裁判所から(だと思いますが)意見募集の提案がされた対象事件は、平成25年(ネ)10043号事件というもので、求める意見の内容が限られています。すなわち、

「標準化機関において定められた標準規格に必須となる特許についていわゆる(F)RAND宣言((Fair,) Reasonable and Non-Discriminatoryな条件で実施許諾を行うとの宣言)がされた場合の当該特許による差止請求権及び損害賠償請求権の行使に何らかの制限があるか」

ということについて意見が求められています(くわしくは控訴人、あるいは被控訴人の訴訟代理人事務所のウェブサイトに掲載があります(http://www.mofo.jp/topics/2014/01/23/Announcement%20Inviting%20Public%20Comments%20on%20the%20Grand%20Panel%20Case.pdf、または http://www.oslaw.org/20140123.pdf 。どちらも内容は同じみたいです)。

■ 通常、アミカス・ブリーフは法廷宛であるわけですが、今回の提出先は、訴訟代理人宛です(控訴人・被控訴人のどちらでもいいらしい)。日本では裁判所で受け入れる制度がないからだろう、ということだそうですが、おもしろい方法を考えたものです。

■ さすがに昨年、アミカス・ブリーフ委員会なるものまでぶちあげた日本弁理士会が何か提出しないというわけにはいかないでしょうが、一体全体どれくらい集まるでしょうね。
 ちなみに、上記意見募集の文面のうち、モリソン・フォースターの事務所に掲載された方には、英語の文面も記載されておりまして、国内に限らず、広く募集してみようと考えられているようです。仮に海外からも意見があるとすると、結構な数になる可能性もあるとは思いますが…。
(ただしある先生は、民事訴訟は日本語主義なので、翻訳をするんだろうかというようなことをご心配になっておられましたが、たしかにその点はどうするんでしょうねぇ。日本語で提出させるのかしら。今回の場合は当事者が当事者なので、韓国や米国から、ということはありそうですし、FRANDの事件ということで場合によってはもっといろいろな国からの意見もないとは言えないかもです)

■ いずれにしろ、今回のこの実験的(?)な試みが、どのような成果を上げるかによっては、日本版アミカス・ブリーフの制度導入が現実のものになる可能性がでてきます。
 それが知財高裁発祥になるかも知れない、というのは、知的財産関係の業務をしている身としては、たいへん興味ぶかいところです。

■ さて。本件について提出期間は3月24日までだそうで、提出予定の方はお急ぎになられたほうがよさそうです。論旨が破綻していると読んでくれそうにありませんので、論旨はちゃんと煮詰めておいたほうがよさそうです。

|

« パッとしない はなし | トップページ | 弁理士会のeLがMacで受けられないとお悩みのあなたに »

コメント

募集要項を見ると翻訳の添付が要求されてますね。面白い試みとは思いますが、実際の運用をどうするかはいろいろ謎ですねぇ。

投稿: Kaz | 2014年1月28日 (火) 13時01分

Kaz さん、コメントありがとうございます。
たしかに運用は謎ですねぇ。

投稿: ntakei | 2014年1月31日 (金) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/59022963

この記事へのトラックバック一覧です: おともだち ばなし:

« パッとしない はなし | トップページ | 弁理士会のeLがMacで受けられないとお悩みのあなたに »