« 更新遅れ中 | トップページ | 乱読日記[180] »

2011年3月 3日 (木)

川に柳に

ちょいと終わらないので(何がと言われても何とも言えない)、更新が滞っております。

しかし作業が多いときに限って(といいますか、全体的に慌てているからですが)、いろんなことが発生します。今日もきょうとて、ラックから本を引っ張り出そうとしたところ、うっかり違う棚に挟んであった資料の束を叩き落としてしまいました。拾い直しです。

■ そこでふと、以前いた事務所の上司の「川柳集」が出てきました。
 あぁ、そういえば、こんなところに挟んでおいたんだっけ。
 一方、twitter では、「よく見れば」で始まる川柳を書け、というネタが出回っていて、

なんだか川柳づいた日だなぁ

というわけで、こんなネタもまぁご縁として…

■ くだんの川柳ネタに反応して、とりあえず twitter では、

よく見れば 引用例の 代理、俺

というのを書いてみました。反応はありませんでしたけれども。

 よくあることですよ。大きい事務所にいたりすると。
 コンフリクトの問題がどう、と言われることもありますが、いえ、実質出願人が同じだったりするわけです。拒絶理由には嫌味にも、

引用例は貴社の出願ですよ、よく見てから出願してくださいよ

と余計なことが書いてあります。よく見ろ、は、こっちの台詞だ、と言いたいところですが、クレイム上は微差にしてありますから、もう少し差を広げてあげる必要があるわけです。
 そうです。そもそも両者とも知って書いてますから、当然違うように補正はできるわけです。その差で特許査定を出してくれるか否かは、また別の問題ではありますが。

■ 知財ネタで川柳を書けと言われれば幾らでもでてきそうですが…

珍妙な 訳語は 笑うに笑えない

例えば、「親指の爪画像」(Thumbnail images)の類です。聞いたところでは「細胞電話」(cell phone)というのもあるそうですが、傍目であれば笑えるだけですが、これから補正しなければならない当事者(中途受任担当者)となると笑ってばかりもいられません。
 補正の根拠を探すか、あるいは審査官に笑ってもらって「当業者ならわかるもん」と言うことで許してもらうか。

■ 商標のお客様に多いのですが…

登録が された頃には 音信不通

お客様、登録査定なのですが、登録料は払っても宜しいのでしょうか、と、空に向かってつぶやいてみる。

■ そのほか? そうねぇ。

あとはほら 危ないネタだ やめとこう

…お後が宜しいようで。

|

« 更新遅れ中 | トップページ | 乱読日記[180] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川に柳に:

« 更新遅れ中 | トップページ | 乱読日記[180] »