« サービスのおわり | トップページ | または、そんなはなし(2/2) »

2011年3月 8日 (火)

または、そんなはなし(1/2)

また更新ができず、失礼致しました。
どうも年度末のいろいろが(しかも稼ぎのないものが)…。

そろそろ来年度分の仕事を探しに、営業をしないといけない時期なのに、それもできてないし(あぁ…)。

■ 「若手のギモン」という読み応えがあるシリーズがあり、目が離せないブログ(http://ipg4000.blog45.fc2.com/)がありまして…。
 こちらの blog の最近のエントリーで、「及び/又は」に関するものがあったのです。詳しくは本家の blog をご参照いただくとして、この話をめぐって、twitter 上で多少の議論が展開されました。

■ 問題のポイントは、

「又は」

の捉え方です。
 例えば、昼ご飯に入った食堂で、

 【ランチメニュー】
・サラダ
・スパゲティ
 カルボナーラ または トマトソース
・ミニピザ
・デザート
・コーヒー または 紅茶

と書いてあったとして、

「ランチ。カルボナーラでコーヒー」

と注文しておいて、あとから、

「そう言えばトマトソースと紅茶も」

という客はいないと思います。
 ここでいう

「カルボナーラ または トマトソース」

は、

カルボナーラとトマトソースとのいずれか一方

の意味であるからです。

■ しかしながら

A or B

というのは、

集合Aと集合Bとの論理和

も意味していまして、

(1)A
(2)B
(3)AとBとの両方

の全部を含む、とも読めるわけです。この読み方であれば、

「カルボナーラ または トマトソース」

は、カルボナーラとトマトソースの両方、というのも含んでいるわけです。

■ 日常生活の語としては無理があるとしても、論理の問題として「AまたはB」といえば、「AとBの両者」も含んでいるわけです。
 ことほどさように「または」の語は多義的なわけです。
(つづく)

|

« サービスのおわり | トップページ | または、そんなはなし(2/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: または、そんなはなし(1/2):

« サービスのおわり | トップページ | または、そんなはなし(2/2) »