« 条文を読んでみるはなし(29) | トップページ | 乱読日記[167] »

2010年8月 9日 (月)

特許的、林檎?

手持ちの2つある眼鏡のうち、一方の鼻当てが取れてなくなってしまっていたのですが、先日ふとした思いつきで、昔の、度が合わなくなった眼鏡についている鼻当てを取り外して試してみたところ、これが意外にピッタリで、スペアが復活。

▽ ただ、フレームについている商標と、鼻当てについている商標とが違うため、若干ちぐはぐなものに…。

■ ときどきあることですが、発明者の方から頂戴した図面に商品商標が描かれている場合があります。この場合、下図を作成するときに商標は削除してしまうのが普通ですが、問題なのは商標部分に意味があるときです。
 意味、といっても発明にとって大層なことではないのですが、例えば商品データベースの構造を説明するときに、データベースに格納されている商品名の例として、現実にある商標が記述されているというような場合があるわけです。
 この場合、私は大概、「aaaa」などと意味のない文字列に書き換えてしまいます。具体的な商標が記述されていることが常に問題、ということもないのですが、あまり具体的な他社(出願人からみて他社)商品名が書いてあると、いろいろな問題が生じるんじゃないかと気にするからです。

■ しかし米国ではそういう気遣いはあまりしないのか、例えば amazon の出願には、日本のデジカメメーカーの名称が具体的に出ています。
 たぶん、そういうことじゃぁないか、とおもうんですけど…

■ Patently Apple というヘンなサイト(http://www.patentlyapple.com/)があって、そこのニュースによれば、

「Apple 社にウチのアプリの画面が出願された」

とかいう話が。
 これが事実だとすると、これはもう冒認出願(発明者を偽った出願)になってしまうわけですが、現実のはなしはそういうことではなく、単に出願図面にアプリの画面が載ってるというだけで、出願に係る発明の内容は当該画面の構成とは関係がないようです。つまり、アプリ画面は、画面表示例として載ってるだけってことですね。

■ このあたりは代理人なり、出願書類を整えた人間の良識というか趣味というか、思慮というかそういうことが反映されるところで、たまたま Apple の出願書類を作成した人がそういうところに配慮しなかったってだけだろうと思います。別に配慮の必要も必ずしもないんですがね。アプリ作成者の感情ってのもありますしねぇ。

■ ところで、この Patently Apple、さいきん日本の口さのないニュースサイトによく引用されてるみたいなんですが、引用のされ方がゴシップ的でというかなんというか、例えば Apple は自転車にデバイスを乗っけたみたいな出願もしてるんですが(20100198453A1)、これについての紹介が中途半端なので、発明のポイントが見えずにナイキの靴にセンサ入れたのとどこが違うのかという妙な疑問を生み、かつ、特許になってるかのごとき誤解を生んでました。
 念のため自転車出願のメインクレイムは、

1. A system for communicating riding characteristics among a plurality of bicycles, comprising: a first electronic device coupled to a first bicycle, the first electronic device operative to: determine at least one riding characteristic of the first bicycle; receive in real-time from a second electronic device coupled to a second bicycle at least one riding characteristic other than location of the second bicycle; and provide the determined and received at least one riding characteristics to a display associated with the first electronic device.

とかいうもので、第1自転車とか第2自転車とかあるように("riding characteristics" は日本では絶対に具体化を求められると思うけど)、2台の自転車の間での情報通信にポイントがあるわけです。したがってナイキの靴に入れる例のセンサのはなしとは違うわけです。
 まぁとにかく、折角紹介するならもっと上手い紹介の仕方があるんじゃないかいな。

|

« 条文を読んでみるはなし(29) | トップページ | 乱読日記[167] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特許的、林檎?:

« 条文を読んでみるはなし(29) | トップページ | 乱読日記[167] »