« 条文を読んでみるはなし(31) | トップページ | 乱読日記[168] »

2010年8月23日 (月)

「脱獄」 ばなし

普通なら「出社」という表現を使うところ、私らの場合、事務所へ出るのだから、というので、

「出所」

というような言葉を使う。

▽ この言葉について、

「なんだか刑務所から出てきたみたいですね」

とか言ったのは誰だったかな。たしか、以前事務所にいた事務の女性だった気がするが…

■ 暫く前に話題になって、そろそろ落ち着いてきて話題にもならなくなってきたが、私じしん、あまり中身が分かってなかったので、改めてちょっと調べてみることに。

「脱獄」

の話である。
 「脱獄」といっても、文字通り刑務所から脱獄する話ではなく、Apple 社製の iPhone 等に、Apple が保証しない動きをさせるため、Apple が予めしかけている制限を回避することをいう。英語での jailbreak がそのまま日本語になっているのである。

■ 私にとって何が分からないって、とにかく初っぱな、この「脱獄」の意味が分からない。
 非公式のアプリケーションを動作させて楽しむというようなことらしいのであるが、ざっと見たところ、楽しめそうな非公式アプリケーションもあまりないように思えるのである。
 こうなると単に、jailbreak という行為自体を楽しんでいるとしか… いや、それはそれでいいんだけど。

■ ところで先日話題になったのは、米国のディジタルミレニアム著作権法(DMCA)に絡んで、要するにこの jailbreak 行為が、技術的制限の回避にあたり、DMCAから見て違法な行為といえるかどうか、という話があったわけである。
 Apple は勿論、「jailbreak は違法」派で、DMCA 違反だと言っていた。
 一方で、EFF(電子フロンティア財団)は、「jailbreak は適法」派で、DMCA自体に、jailbreakに対する適用除外を明定するよう求めていた。
 そして先月の末頃になって、DMCAにちょっとした改正がされ、jailbreakは DMCA 的には適法、という話になったわけだ。

■ DMCAには、SECTION1201として基本的には次のような規定がある。

No person shall circumvent a technological measure that effectively controls access to a work protected under this title. ((1)(A)より抜粋)

仮訳]何人も、本法の下に保護される著作物に対するアクセスを、効果的に制御する技術的手段を回避してはならない

 要するに、著作物保護の技術的措置を回避するなよ、という話である。
 さらに続いて、

(2) No person shall manufacture, import, offer to the public, provide, or otherwise traffic in any technology, product, service, device, component, or part thereof, that—
  (A) is primarily designed or produced for the purpose of circumventing a technological measure that effectively controls access to a work protected under this title;
  (B) has only limited commercially significant purpose or use other than to circumvent a technological measure that effectively controls access to a work protected under this title; or
  (C) is marketed by that person or another acting in concert with that person with that person's knowledge for use in circumventing a technological measure that effectively controls access to a work protected under this title.
(3) As used in this subsection—
  (A) to 'circumvent a technological measure' means to descramble a scrambled work, to decrypt an encrypted work, or otherwise to avoid, bypass, remove, deactivate, or impair a technological measure, without the authority of the copyright owner; and
  (B) a technological measure 'effectively controls access to a work' if the measure, in the ordinary course of its operation, requires the application of information, or a process or a treatment, with the authority of the copyright owner, to gain access to the work.

などとも書かれている。

■ ウソかマコトか知らないが、あるソフトウエアの脆弱性を指摘した研究者が、技術的保護手段の回避を主目的として製造されたツールを公にした、という理由で DMCA 違反を問われる可能性があるとされたとか、そんな話が聞かれるほど、やたらと厳しい(著作権者側には甘い)規定なのである。

■ いままでも一応、適用除外となる場合についての規定はあった。
 今回は EFF 等の求めにより、それに加えて6つほどの適用除外を規定した、という話なのである。
 iPhone の jailbreak に関するものはそのうちの2番目。

(2) Computer programs that enable wireless telephone handsets to execute software applications, where circumvention is accomplished for the sole purpose of enabling interoperability of such applications, when they have been lawfully obtained, with computer programs on the telephone handset.

というものである。なんというか「iPhone 狙い撃ち」的な感じの項目でイヤラシイのだが、ともかくも、これにて jailbreak が DMCA 違反ではないことが明確になった、というわけだ。

■ もっとも、Apple も jailbreak された iPhone の動作を阻害するソフトウエアを仕込んでくるらしいというし、そもそもいま一番新しい iPhone OS 4.0.2は、jailbreak できない状態にある(jailbreak ツールが使用していた iPhone ソフトウェアの脆弱性が解消された)。
 DMCA 違反かどうか、から、主戦場は技術的側面と、契約法的な側面に移りつつあるのかも知れない。
 もっとも私個人としては、jailbreakにまったく魅力を感じないんだけど、何かそれほど面白いツールが実行できるようになったりするんでしょうかね。

|

« 条文を読んでみるはなし(31) | トップページ | 乱読日記[168] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/49234909

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱獄」 ばなし:

» 夏といえば! [パピヨンのブログ]
残暑が厳しいですな。そんな中、ようやく今年初めてのスイカを昨夜食べました。 [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 20時01分

« 条文を読んでみるはなし(31) | トップページ | 乱読日記[168] »