« 条文を読んでみるはなし(27) | トップページ | よりぬいて、まとめて[1] »

2010年7月26日 (月)

ニュースねたから2つ。

日中は「酷暑」の状態が続いていますが、皆様大丈夫でしょうか。
水分補給はこまめに、などと対策がよく書かれていますが、飲んだそばから汗になってそうな、そんな気分の今日この頃です。

▽ さて、本日は記事の作成開始が遅くなり、それほど時間をとれないので、ニュースネタで。駆け足気味に。

■ 数学者の森毅先生がお亡くなりになったというニュースを見て、なんだかまたいつまでもお元気でいそうだった方が早くに亡くなられてしまった思いだ。お歳は82だったというが、遠因が重度の火傷だったという話らしく、なんだかやるせない思いである。

 森毅先生というと、数学的な業績はあまり多くのものがないようだ(専門は位相幾何らしい)が、著作はもの凄い数ある。その中で私のごく私的なお勧めは、「指数・対数のはなし」という本である。たいそうマニアックな本ではあるが、例えば高校で指数・対数の概念に面食らうことがあれば、こういう本を読んでみることも一興ではないかと思う。ただ、実質的には物理学における「ファインマン物理」みたいなもので、教科書的に使うというよりは、いっぺん履修してしまった後で、こういう本を読んで理解を深める的な使い方が妥当な本かもしれない。

指数・対数のはなし―異世界数学への旅案内
森 毅
東京図書
売り上げランキング: 11358
おすすめ度の平均: 4.5
5 指数と対数から数学をみる話です
5 森先生らしい数学の捉え方
4 ある意味、人を選ぶ本・・・。

何にせよ、ご冥福をお祈りせずにはいられない。

■ もう一つのニュース。
 ソースは海外のニュースらしいんだけれども、3Dの技術をつかって、同席している人々を2群にわけて、第1群の人々にはチャネルA,第2群の人々にはチャネルBの番組をみせる、というテレビの発明につき、ソニーが特許権を取得したという(権利取得が事実かどうかは確認していない)。
 出願の番号も、特許の番号も書かれていなかったのであるが、ニュースには図面が紹介されていて、記事の説明と図面とを併せ考えるに、要するにチャネルA,Bを時分割多重的に表示し、チャネルAが映っているときには第2群の人々の眼鏡を暗転させ、チャネルBが映っているときには第1群の人々の眼鏡を暗転させるような方法で(むろん、暗転させていない方の群の人たちの眼鏡は、それを通じてテレビ番組の画面を見られる)「同時二番組視聴」を可能にしようというはなしみたい。
 権利が取れたというならクレイムが見たいが、記事からはこれ以上のことは分からず。

 ところで、こういう場合、音声はどうするんだろうかと。まぁ、チャネルA表示時に選択的に透過するよう制御される眼鏡にイヤホンでもつけて、チャネルA用の音声を流す…などとするのかな。

■ その昔、ある雑誌で読んだ話で、世界時計機能付きの腕時計を巻いて海外旅行に行った男が、機内で次の国の時差に設定しようと悪戦苦闘している横で、各国の時刻に合わせた複数の腕時計を腕に巻いたおばさんが、悠然と時刻を確認するのをみて愕然とした、とかいう話があった。
 このテレビ、結局のところ同じテレビ受像機で2つの違うチャンネルを見せる必要があるんだろうか。もしかしたら2つのテレビを置いておけば済む話なのでは、と考えると、また技術先行で利用態様がはっきりしない製品になっちゃうのかなと不安もある。
 もっともそんなことを言い出すと、3Dテレビ自体、私としては、嬉しいものなのかどうかがよくわからない。…そろそろジジイになってきたってことなのかな。それはそれで面白くない話だな。

■ おっと、なんだか中途半端だが、今日は時間がきてしまったので、ここで失礼いたしますです。

|

« 条文を読んでみるはなし(27) | トップページ | よりぬいて、まとめて[1] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュースねたから2つ。:

« 条文を読んでみるはなし(27) | トップページ | よりぬいて、まとめて[1] »