« 圧縮むだばなし | トップページ | 条文を読んでみるはなし(23) »

2010年6月10日 (木)

つれづればなし

まぁ、これをヨシとする人がいるのは知っているので、ベツにいいけどさ。
外国でこれがこうなっちゃうと、結構大変なんだよなァ。
前任者は何を考えていたのかなァ。

▽ …まずは愚痴でした。というわけで、本日はかなーり時間が切迫しているので、ひさびさに15分制限で思いつくままに更新記事を書くことにします。さて、どこまで書けるでしょうか。

■ 昨日最高のニュースというと、小惑星探査機「はやぶさ」に対するTCM4(第四段階精密誘導)が完了し、ついに「はやぶさ」のカプセル帰還がほぼ確実になった、というニュースでしょうか。このTCM4完了によって、長期にわたるイオンエンジンによる推進も終了となったわけです。
 このプロジェクトは、何事もあきらめないエンジニアの姿勢という重要な無体財産を私たちに伝えてきたような、そんな気がします。
 はやぶさの軌道・姿勢制御は、NECの航空宇宙システムで行われており、そのストーリーを同社のサイトで見ることができます(http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/story/01/index.html)。
 はやぶさは、登載している機器の多くが既に故障してしまっており、3軸のうち2軸分の姿勢制御を、リアクションホイール1基と、イオンエンジンとで行い、残る1軸の制御を太陽光圧力を使って行ってきたといいます(http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2007/back152.shtml)。なんというか、自律的には2軸しか制御できず、もはや救う余地がないかと思われた探査機を、

「利用できるものは何でも利用する」

精神で、地球まで導いたことには、技術者の意地を感じるのです。

■ 意地、というのとは少し違うんですが、私ら弁理士にも何となく意地になってしまうときというのがあります。いや違うな。熱くなっちゃうとき、と言い換えるべきかな。
 その一つが、納得のいかない拒絶理由に出会ったとき。
 心底腹の立つときがあるんですよ。
 そんなときは、

「何が何でも、コイツはひっくり返してやる」

と、熱くなってしまいます。もっとも、中間処理は冷静に行われなければいけないので、そういう場合は一旦アタマを冷やすことにしていますが。

■ 熱い、というか、暑いといえば、ようやく近頃になって陽気が初夏めいてきましたね。
 東京あたりでは、夏日になる日も多くなっているようです。
 しかし今日あたりはじゃっかん雨模様で少し涼しかったのですが、うっかりと夏支度で外出してしまったため、移動中は少し寒かった!
 弁理士会館内は冷房もさほど強くなくて助かりましたが、電車の中はキツイ。なぜあんなに冷え冷えとさせておくんでしょうか。電車は駅ごとに扉があいて、効率も悪いというのに。
 そうそう、それでちょっと思いついたんですが、列車の扉に、冷蔵庫用に最近よく売られている透明なのれんみたいなシートを取り付けたら冷房効率は上がりませんかね? 安全上の理由などもあって、取り付けは無理だろうかとは思いますが。

■ おっと、あと1分で時間です。
 先日ちょっと私の目を引いたニュースがあって、出光がLGグループの企業に出資したというはなし。そういえばLGはコダックの有機EL事業を買収してたんでしたか。コダックも有機EL関係の特許権はたくさんあったと思いますが、その辺の実施権との兼ね合いで出資をしたのかなぁなどと。
 そんでもって、このニュース…  …あ、時間だ(おわり)。

■ あ、追記
 http://orihalcon.jp/mitakaplus/ にある「Mitaka Plus」を使うと、はやぶさの軌跡が見られるようです。「ようです」というのは、MacOS X版のほうにはまだ「はやぶさデータ」が対応していないみたいなので、試していないのです。ちなみに「Mitaka Plus」は、べつにはやぶさ軌道を見るだけでなく、楽しいですよ。

|

« 圧縮むだばなし | トップページ | 条文を読んでみるはなし(23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/48589734

この記事へのトラックバック一覧です: つれづればなし:

« 圧縮むだばなし | トップページ | 条文を読んでみるはなし(23) »