« 風に向かって進む はなし | トップページ | 商標について誰もが知っていてもいい、2つ3つ。 »

2010年6月16日 (水)

商標関係2題

昨日の朝、電車の中で、

「そうだ、次の blog 記事はアレにしてやろう」

と思いついたことがあったはずなのですがー。

▽ 事務所で作業して帰ってきたら、何を書こうとしていたんだか、すっかり忘れてしまいました。

■ 昔、とある大きい事務所に勤務していた頃、同僚の一人が、

「さいきん、ふたつのことをしようとして席を立つとダメだ。どっちかを忘れる」

と言い出したことがあります。何のことかが腑に落ちなかった誰かが、

「例えば?」

と聞くと、

「コーヒーを取りに行きつつ、トイレに行こうとするだろ、そうするとコーヒーを取ってくることとトイレに行くこととのどっちかを忘れるんだ」

というのです。

「トイレに行くのを忘れる、というのはかなり重症では?」

と、皆で笑った記憶があります。
 でも、今朝思いついたことを(思いついた、という事実は残っているが中身を)忘れるとは、そろそろ彼を笑えなくなってきた?
 いやいや。まだまだと思いたいですが…。
 まぁいいや。今日は商標関係のはなしが目についたので、そちらから2題。

■ひとつは 「日本相撲甚句会」の登録商標を権原なく使用したとして、元幕下力士が書類送検されていた、というニュース。

10061601

 該当の商標はたぶん、登録 5158468 号ではないかと思います。指定役務は区分41で、

相撲甚句の普及に関する知識の教授,相撲甚句の普及に関するセミナーの企画・運営又は開催,相撲甚句に関する書籍の製作,相撲甚句に関するビデオの製作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),相撲甚句に関する興行の企画・運営又は開催,相撲甚句に関する図書の貸与,相撲甚句に関するレコード又は録音済み磁気テープの貸与

となっています。
 この元幕下力士は、地方のホテルで行った相撲甚句大会のパンフレットに、この商標を使ったということで、「相撲甚句に関する興行の企画・運営又は開催」のサービスの提供にあたって使用した、ということでしょうか。

■ このニュースで不思議な点は、この元幕下力士、三年ほど前に日本相撲甚句会という同名の団体を発足させていて、使用権があると思っていたと述べていることです。そう思っていた原因がなんだったのかは知りませんが、ノレン分けをしてもらったなどの事情がある場合は、当時の当事者同士で口約束ができていたかどうかはともかくも、書面で使用権の許諾を受けておかないと後々トラブルの原因です。
 このあたり、商標関係の使用権については意外に適当に管理されているところがあるようにも思いますが---たまたまいくつかトラブルになったものが私のところへ持ち込まれただけ、という解釈もできなくはない---つまり、医者が院内だけを見回して「なんだかいつも病人ばかりだ」と思うようなものかもしれないが---、こういう知的財産権関係の書類やら何やらの整理って、どうやったらいいか分かってない企業って結構あるんじゃないかと思います。そのうちまとめてみようかな。

■ そうそう。商標登録の話題と言えば、米国特許商標庁(USPTO)が面白いビデオを制作しています。約11分ほどのビデオですが、商標登録出願にあたって重要なこと、というような内容になっています。
 曰く、事前の調査が必要であること、また曰く、指定商品・役務の選定を慎重にすべきこと、など。基本的なことではありますが、なかなか簡潔によくまとまっていると思います。若干、演技に臭いところがあるような気もいたしましたが…。
 おっとっと。URL は、こちら:http://www.facebook.com/video/video.php?v=547597523739&ref=mf
 たぶん、facebook のアカウントをお持ちでなくても見られるとは思います。

|

« 風に向かって進む はなし | トップページ | 商標について誰もが知っていてもいい、2つ3つ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/48642666

この記事へのトラックバック一覧です: 商標関係2題:

« 風に向かって進む はなし | トップページ | 商標について誰もが知っていてもいい、2つ3つ。 »