« 乱読日記[145] | トップページ | フォーリーと臨場感とスピーカーのはなし »

2009年11月18日 (水)

ベストとワーストのはなし

同僚が、どこで見つけてきたか、世界研究開発費トップ100とかいうリストを見ていた。それによると、第一位が日本のトヨタだそうで、第二位がマイクロソフトだったらしい。

▽ 要するに稼いでいるところが研究開発費を十分に投資しているという当然の結果にも見えるが、逆に見て、研究開発費が多いから利益が上がっているという結論は正しいか、どうか?

■ TIME という雑誌が毎年リストアップしてる The 50 Best Inventions of the Year というやつがある。こちらは特許庁へ出される発明というのではなくて、技術的にあるいは社会的に優れた「発明」をリストアップするものだ。
 ベスト10を列挙すると、

  • 1.NASA の Ares ロケット。スペースシャトルの次世代にあたるロケットとされ、月や火星に人を輸送できるという。
  • 2.タンクで育てたマグロ。なんかオーストラリアの話らしい。よく知らない。
  • 3.一千万ドルの電球。LED 電球の話らしい。一千万ドルは経済効果のことみたい。
  • 4.高性能サーモスタット。家庭用の電力消費量モニタみたい。電化製品とコンセントとの間に介在させるタイプみたいに見えるけど、それだと電力計ではなくて、電流計になるパターンではないかとも思うんだが。なんか、周辺温度に応じて電力を遮断する機能も備えているみたいなので、その辺の機能のない電気ストーブと一緒に使うといいかも、だが。
  • 5.「コントローラ不使用ゲーム。」 これこそ、世界第二位の研究開発費を誇る(?)、マイクロソフトのゲーム機に関する発明らしい。なんでもコントローラを持たなくても、体の動きや声をリモートセンスしてゲームに反映させようというものみたい。そんなの、なかったっけ?
  • 6.テレポーテーション。あぁ。これはあれだな。量子テレポーテーションの話だな。こっちが「コントローラ不使用ゲーム」より下なのか?
  • 7.見えない星を見る望遠鏡。ヨーロッパで打ち上げられたハーシェル宇宙望遠鏡のことらしい。要するに宇宙に浮かんだ電波望遠鏡(遠赤外からサブミリ波あたり)である。これも、「コントローラ不使用ゲーム」より下なの?
  • 8.AIDS ワクチン。これまた誤解を招くタイトルだ。HIV ワクチンというべきだろう。感染リスクを低減するというが、実用化まではまだ相当の時間がかかる模様。
  • 9.twitter。ご存知ツイッター。
  • 10.電子の目。なんか義眼らしい。盲目の方の場合、たとえ目の機能が正常になったとしても物の認識まで回復するのは難しいのでは、というような文を大学時代に読んだ記憶があるが、部分的回復が望めるなら、この電子の目は実用化が期待される技術の一つと言えるだろう。で、これまた「コントローラ不使用ゲーム」より下なの??

と、いうわけで、順位が今ひとつよくわからない基準で定められている気がする。まぁ、単なるエンターテインメント・ストーリーだと思えば、that's all。

■ ところで、これに対して、ワースト5発明というリストも用意されていて、今年のワースト5の一つに、日本のオムロンが開発した、「スマイルスキャン」が挙げられていた。
 これ、カメラに写った人の笑顔の度合いを点数化して表示するという技術で、ワースト選択者の気持ちとしては、その利用目的というのが、

「接客の向上」

だというところに気持ち悪さを持ったのかも知れない。
 その技術そのものはそれほど難しいものではなくて、口角の位置だとかその他の「顔パーツ」の位置関係や交差角度等を検出して、その検出結果と予め学習しておいたデータベース内の情報との比較によって「笑顔度」を算定しようという話。
 特許出願は一応されているみたいで、特開2006−115406、これがそうでないかと。
 クレイムは、

【請求項1】
ユーザによる一の撮像指示に従って、複数の画像を電子的に撮像する撮像手段と、
ユーザによって選択された画像又は撮像された画像から人の顔を検出する検出手段と、
検出された顔から画像的な特徴量を取得する取得手段と、
前記特徴量のうち、前記ユーザによって選択された画像から取得された特徴量を記憶する記憶手段と、
前記撮像手段によって撮像された複数の画像の一部又は全部を処理の対象とし、前記記憶手段に記憶された特徴量と、各撮像された画像から取得された特徴量とを比較し、その類似の程度を判定する判定手段と、
前記判定の結果、両特徴量が類似していると判定された場合は、この撮像された画像を出力用画像として記録する記録手段と
を備える撮像装置。

というわけで、処理がそのまま記載されている。顔認識の分野は意外に出願が混んでる分野で、先行技術の数も多いので、なんかこれだけだと権利化は難しそうだなぁ、補正のネタはあるのかなぁと思ったが、どうやら昨年12月に拒絶査定があって、審判情報がないところをみると、審判も請求されていないみたい。つまり、日本では特許権取得は諦めちゃったみたい。外国にも出願されているようだけど、ファミリ情報までは追跡しなかったので、そっちの消息は不明。

■ このスマイルスキャン、2人を一斉に写して、「どっちが笑顔度が高いか対戦」とかできるみたいだから、ゲームに使っていたら、もしかしたらベスト100の方のリストに入っていたかも知れない。任天堂とかに売り込んだらいいのに(もうしてたりして?)。

|

« 乱読日記[145] | トップページ | フォーリーと臨場感とスピーカーのはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベストとワーストのはなし:

« 乱読日記[145] | トップページ | フォーリーと臨場感とスピーカーのはなし »