« snow leopard の desktop | トップページ | 釣ってみる? ばなし »

2009年9月29日 (火)

誤解のあるつぶやき

twitter とは「つぶやき」である、というのを聞いたとき、その昔タモリのボキャブラ天国という番組によく出ていた彼を思い出しました。最近はテレビで見ることもなく(というか、私自身があまりテレビを見なくなり)、そういえばどうしているんだろう、とかそのとき思ったんですが…

▽ いたのですね。twitter に。tsubuyaki_shiro さん。

■ twitter へは、個人名(ntakei)のほか、いちおう事務所でもアカウントを登録しておりまして(suzakuip)、ときどき判例情報なんかを流したりということを試みているんですが、そうした投稿は専ら自宅の Mac 等から行っているばかりです。タイムライン(つぶやきの時系列一覧)を眺めるときには iPhone 大活躍なんですが。

■ iPhone では、twitter クライアントの一つ、TweetDeck を使っていますが、これ結構便利です。キーワードを設定しておくと、設定したキーワードごとに、当該キーワードを含むつぶやきを抽出して、そのタイムラインを作成してくれたりします。キーワードについては、複数のキーワードを論理式で結ぶこともできます。
 これでいま、私は、iPhone というキーワードで抽出したタイムラインと、「Patent OR 特許」というキーワードで抽出したタイムラインとを表示させています。

■ 投稿頻度
(単位時間当たりの投稿数)比でいえば、iPhone キーワードの投稿頻度は「Patent OR 特許」キーワードの数十倍になりますが、「Patent OR 特許」キーワードの投稿頻度もなかなかのものです。そして、そうした「Patent OR 特許」キーワードで現れるつぶやきの多くに、特許だとか商標に関する誤解がたくさんあることに気がついてしまいました

■ もっとも多い例が、

XXというのを思いついた! 特許取るぜー

というやつ。
 いや、書き込んだ時点で新規性失ってますから。それ。
 特許が欲しいなら、出願前はあまりおおっぴらに発明の内容を書き込まないでください。いちおう、出願までは少なくとも機密保持の方向でお願いします。

■ ただ、書き込まれた内容自体にツッコミどころがあるものも少なくないこともわかりました。そもそも書き込める文字数に制限がありますから、詳しい発明内容に触れたものは少ないのですが、この種の「特許だ」ネタに多いのが、単なるビジネス方法、単なる情報の提示、といった種類のものです。
 例えば、

twitter のつぶやきの中で、「w」って書いたら「(笑)」の意味ってことにしようぜ。これ、オレの特許な!

みたいな感じ。
 あぁ。ちなみに、この種の書き込みは日本だけでなく世界的傾向のようです。英語でも似たような書き込みは数多く見られます。

■ また、別の多い例が、

こんなのが特許になってる

的ネタです。おそらくは権利者を非難したいのだろうと思います。そんなものに独占権を設定しやがって、という話ですね。
 しかしながらこれもまた、特許権を誤解した話です。
 ヒドイのになると、出願しただけのものを、

「特許取られてる!」

と非難しているものがあります。
 制度が分かりにくいのだとは思いますが(そのために私らのような職業もあるのですが)、中には分かってて書いてるんじゃないかと勘ぐりたくなるものもありまして、複雑な気分です。何かのネガティブ・キャンペーンなんでしょうか(そういう考えをすること自体、某巨大掲示板的であるともいえますが)。

■ 特許の教育というやつで、弁理士会にも全国各地の学校へ行く活動がありますが、

「人のアイディアを盗んだらダメだぞ」

とかいうことを教えてるらしいとは雰囲気的に感じているんですが(あの「はっぴょん通信」とかいうのから得た知識ですが)、制度的な内容を啓蒙していたりはしていないんでしょうか(すみません。私、あの活動内容をよく知らないもので…)。
 と、いいますか、そういう啓蒙活動って、学校ばかりじゃぁなくてもう少し広く行われていてもいいのではないかなぁ。

|

« snow leopard の desktop | トップページ | 釣ってみる? ばなし »

コメント

>啓蒙活動って、学校ばかりじゃぁなくてもう少し広く行われていてもいいのではないかなぁ。

 御意。大人向けもやっていますが、圧倒的に子供向けが多いです。
 まあ、予算とマンパワーの関係上、ある程度仕方ないと思っています。いわゆる草の根ってやつでしょうか。

 お金がかからない啓蒙活動としては、「行列のできる法律相談所」のようなタレント弁理士が登場して、少しでも弁理士や知財制度の知名度UPを図って頂くのがよいかと。

投稿: がんも | 2009年9月30日 (水) 06時05分

がんも 様
コメントありがとうございます。

タレント弁理士ですかぁ。難しそうだなぁ。
タレント的才能がありそうな人は、いそうな気がしますが、メディアが採り上げてくれるかというと、採り上げ方が難しそうな…。

あっ、N○Kあたりの解説委員とかなら、どうかなァ。

投稿: ntakei | 2009年10月 1日 (木) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤解のあるつぶやき:

« snow leopard の desktop | トップページ | 釣ってみる? ばなし »