« [弁理士試験]そろそろ願書を取りましたか? | トップページ | 乱読日記[120] »

2009年3月 9日 (月)

その頃のこと

おかげさまで、弊所も開業後1年と4月が経過し、1年分の経理の動きがようやく見えるようになってきたところだ。ただ、今後の計画としてはもう少し…というのもある。

▽ ただし、こういうご時世(多くの人が「マスコミ製不況」であるように言うのは、それが事実だからなんだろうが…)なので、現状維持より上をもくろむのは贅沢、と言われそうだが。

■ 開業時のことといえば、開業時に必要な金の額というのがよく話題になる。
 弊所の場合、低コストを徹底して推し進めたので、参考になるかどうかは分からないが、一番大きい金額は不動産の賃料(敷金・礼金、保証金の類)だった。これを低廉にするためには、都内でもやや郊外で、マンションタイプの物件を選ぶに限る。
 ただし、マンションタイプの物件の場合、居住が条件となる場合も多いから要注意だ。

■ 事務機器や什器、例えばPC、デスクなどは基本的に中古で十分である。掃除用具やその他の小物、事務所印などは新品を集めても大した額にはならない。電子機器のうち問題になるのは複合機(FAX、コピー機)だが、大型のものをリースするのが比較的一般的かと思うけれども、これも近頃は小型で、レーザープリンタも兼ねた複合機もあって、これは買い取りでも4,5万円からあるので、選択肢に含めておいてもいいと思う。そもそも開業したてでそんなに複合機が大活躍するとも思われない。

■ と、いうわけで弊所の場合、3人で集まって、一人あたり百数十万円というところで設立まではこぎ着けた。ただしその後、仕事をしていく上で必要になる経費その他があるので、預金高はどんどんマイナスの方向へ向かう。この間の生活費その他を加算すると、おそらくだいたい2,3百万円というところかと思う。ま、一人で開業するとなると、額はもっと大きいだろう。

■ で、なにゆえこんな話を書き始めたか、というと、「行政書士事務所を開業準備中」だという人が、行政書士試験の学習法をまとめたので買わないか、というチラシをウチのポストに放り込んできたからだ。
 文面によると、

無料配布しようと思ったが、一般の方に広く読んで欲しいので有料配布とした、

という。このロジックは判りかねるが、開業準備中をこんなに謳うところからみて、もしかして開業資金の一助にしたいと思ってるのかなぁ。

■ この気持ちは実は痛いほどよくわかる。
 開業当初はいったいどれほどの出費があるのか、一寸先が闇の状況が続くからなのだ。月末の残高を参照して、定期預金の一部解約をするかどうか考えてみたり、ということもある。今月は一応プラスになった、と、ホッとしていると「税金を払え」通知が来たりする。
 あぁ。ちなみに住民税などは窓口に相談すれば、延滞のために余計な額を加算されることなく、分割払いや遅れての支払いを認めてくれることもあることは既に書いたとおり。
 えーと。とにかく、開業当初は何でもお金になることはしてみたくなるところなんだ。資格試験の学習法の販売なんかは、そのためにはうってつけだろう。私の場合、合格年度から開業までにずいぶん合間があいてしまっていたので、当時の資料を売りますというわけにも行かなかったが、もしできたとしたら検討しただろう。

■ 援助してあげたい気もするが、行政書士の学習法をいまさら買ってもだし(弁理士はそのまま行政書士登録ができる---しないけど)、仮にいまからお客さん探しを兼ねているとしたら(私はお客さんにはならないから)却って先方に迷惑かもだし、陰ながらご成功をお祈りするとして、とにかく今回は見送ることにさせていただくことにした。

|

« [弁理士試験]そろそろ願書を取りましたか? | トップページ | 乱読日記[120] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その頃のこと:

« [弁理士試験]そろそろ願書を取りましたか? | トップページ | 乱読日記[120] »