« 壮大なはなし | トップページ | [弁理士試験]吉藤を読む(5) »

2008年4月17日 (木)

テレビのジョン

何が観たいというわけでもないのだが(「ピタゴラスイッチ」が毎回観たいというわけでもない。念のため)、DS Lite を持ってるのをいいことに(?)、DS テレビというのを購入した。この DS テレビ、要するに DS で観るワンセグTVなのであるが、販売は開始されたというのに、

どこにも売ってないな、

と思ってたら、ニンテンドーの web サイトでの独占販売なのだそうだ。

▽ 待たされるのかとも思ったが、発注から案外すぐに届いて驚いた。おそらく PSP で観た方が大画面なんだろうが、手持ちの PSP は、古い PSP-1000 で、現行機種ではないので、ワンセグ機能を付加できず…。

■ DS テレビ
 DSテレビは、ワンセグTVセットとしてはごく普通に番組を観るだけのもので、録画したり、データ放送を観たりといった機能はない。その点、かなり割り切ったできである。しかしながら、例えば最近30分程度の字幕部分を記録し、定期的に画面のサムネイルと併せて表示する「読むTV」という面白い機能があって、何かのときに役立ちそうである。
 そのうえニンテンドーらしい(?)遊び心が満載で、懐かしのゲーム&ウオッチがいくつかついてくる。ただし、このゲーム&ウオッチ、TV機能をオンにしながらでしか(電波受信ができず映っていなくてもよいのだが)プレイできない。TV機能には結構な電力を要するようで、バッテリーは結構早く消費される。要するに、ゲーム&ウオッチのプレイのために結構なバッテリー消費を覚悟しなければならないということ。

 ゲーム&ウオッチは、全部で6種類あるが、最初から全部がプレイできるわけではない。最初にチャンネルを登録した地域(ワンセグは地域によって観られるテレビ局が違う)によって一番最初にプレイできるようになるゲーム&ウオッチは異なる。東京の場合、最初は Fire 。これまた懐かしいな。私の小学生のころのゲームだ。
 その後、初期設定地域とは違う地域で受信すると、もう一つ。ゲーム&ウオッチで高得点(ものによってしきい値は違う)を取ると、もう一つ。「TVやん」という、テレビを一緒に観てくれるキャラクターたちを1時間以上表示させておくと、もう一つ。あちこちの県に旅行して、その地方での放送を受信すると(旅率11%というが…)もう一つ。そして、おそらくは総使用時間か、使用頻度とかかと思うが、出現条件がよくわからないもの(条件達成時、「DSテレビをよく使っていますね」というメッセージが表示されるらしい)があって、それによってもう一つ。と、合計6つになるらしい。なお、おそらく出現条件は順不同で達成できればよい。ちなみに、ちょっとしたトリックを使ってみた結果、いまのところ3つまで集めてみた。私も結構子供である。

■ ワンセグ受信
 しかし、もっとも重要なアンテナ感度はどうか。自宅は比較的高層(14階建)の建物に囲まれた場所にあるので、家族の持っている P903i のワンセグTV機能では、ほとんど電波を受信できない。窓辺に持っていって初めて、かろうじての視聴ができる程度である。
 P903i のアンテナは、モノポールっぽいが、たぶん、一般にλ/4接地型というようなやつじゃないかと思う。にしては接地面積が小さい(多分携帯筐体が接地面)ので、それゆえに感度が低いのじゃなかろうか。
 一方のDSテレビのアンテナはダイポールアンテナみたいで、エレメントの交差角度を調整できるようにしてある。DSテレビのマニュアルでは、交差角度を90度にすると最良であると書かれている。λ/4グランドプレーン(を半分に割ったもの)みたいだ。もっとも、DSテレビに付属の外部アンテナはふつーのダイポールアンテナで、直線状に張る。外部アンテナとDSテレビに内蔵のアンテナとは受信感度にそんなに相違が感じられないんだけど。
 で、その受信感度だが、P903i より多少よい程度とみた。屋外では何ら問題がないのだが、自宅ではやはり無理がある。事務所は比較的開けた場所にあるせいか、問題なく放送を受信できた。

■ ワンセグ放送(というか地上波デジタル)で使われる周波数帯域はUHF帯なので、家庭用に一般的なオールバンドUHFアンテナならば使えるはずである(その点、地デジ対応とか称して販売してるアンテナは一体何モノなのか、少々の疑惑が否めない)。かといってUHFの八木アンテナを持ち歩くのは無理だし、そんなものをワンセグTVのためだけに態々買いたくはない。
 自作か…と思いつつ、ネットをブラウズしてみると、アルミホイルを棒状に成型してアンテナに取り付けるだけで感度が上がるという記事があった。半信半疑で実際に取り付けてみたが、DSテレビのせいか、ウチの事情のせいか、効果はなし。ただし、針金を伸ばしたものをアンテナに巻き付けてみると、多少感度のあがる放送局もでてきた。それでふと思ったのだが、この内蔵のアンテナ、λ/4の長さにちゃんと調整したら、もう少しましになるのでは

 ただ、それで遊んでばかりはいられないし、単に窓際に移動すれば十分に放送を観られるわけだから、今後、時間ができたときの実験にとっておくことにする。

□ ふと見かけて気になったものゼビウスが入ってるのか。相当懐かしいぞ。
 そういえば、クレイジークライマーというゲームが昔あってずいぶん遊んだが、あれはナムコではなくて「NICHIBUTU」とかいう会社だったかな…。

ナムコミュージアムDS
ナムコミュージアムDS
posted with amazlet at 08.04.17
ナムコ (2007-10-11)
売り上げランキング: 886
おすすめ度の平均: 4.0
4 ナムコの古き良き時代のゲーム
5 ゲームに帰ってきたユーザーのためです
4 またですか
4 この音の再現性
4 良作がサポート付きでリメイク

・こっちは PSP 版。画面比率はこっちのほうがキレイみたいだが…。

ナムコミュージアム Vol.2
ナムコ (2006-02-23)
売り上げランキング: 1228
おすすめ度の平均: 3.5
2 時代遅れ・・・
4 懐かしく十分面白い
3 ナムコクラシック
4 クラシックノスタルジー
5 中途半端なPS版はゴミ箱へ

|

« 壮大なはなし | トップページ | [弁理士試験]吉藤を読む(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/40902311

この記事へのトラックバック一覧です: テレビのジョン:

« 壮大なはなし | トップページ | [弁理士試験]吉藤を読む(5) »