« [弁理士試験]吉藤を読む(2) | トップページ | 乱読日記[83] »

2008年3月31日 (月)

風穴のはなし

契約中の自動車保険が4月に満期になるので、掛け替えをしなければならぬ。試みにと思い、数社分の自動車保険見積を一気に取れるサイトを使おうと思ったら、なんと、某ポイントサイトを通して申し込みをすると、それだけで1000円ばかりのキャッシュバックになるという。申込先は10社あまり。向こうは一社あたりに100円程度を出している勘定だが、契約してくれるかどうかも分からない相手からの見積依頼で、daily にどれだけの人が見積をとるかわからないのに、これでも稼ぎがでるというのだから、保険屋というのは儲かっているのだな(というか、その分保険料が高いのかも知れないが)。

▽ ポイントバックでいえば、量販店などでのポイントサービスでは、現金払いのときとクレジット払いのときとでポイントバック分が違ったりする。例えばクレジットの場合、ポイントバック率を減らすということは、たぶんクレジット会社に払う額の分だけ割引額を調整できてるということだ。店とクレジット会社との間では、現金・クレジットの別で金額を変えてはいかん、という契約はおそらく成り立っていると思うのであるが、クレジット会社としては、ポイントまでは契約の想定範囲外だったということか。

■ ポイント
 クレジットカード自体にも、利用とともに付与されるポイントというのがある。マイレージなどは有名だが、それ以外でも、Saison Card であれば「永久不滅」とかいうポイント制度がある。ただ、「永久不滅」ポイントは、商品引き換えポイントでしかないので、不要な商品ばかりがリストにあるとすると、ただためてるだけになってしまうのだが。その点、JR 東日本の View カードは、使ったポイントが Suica(非接触カード)の電子マネーに変換できるから、多少でもお得感がある。

■ このポイント目当て、というわけでもないだろうが、少しでも支払い遅延のメリットや、特典を享受するために、現金払いできるところをクレジット払いにすることは、今どき大概の家庭で行われているのではないか。例えば携帯電話料金、電気代、ガス代など。
 そういう方で、国民年金を納めている人は、知っておいて損がないことに、先頃、社会保険庁が国民年金について、クレジットカード払いを受け付けることになったのである(http://www.sia.go.jp/top/credit/credit.html)。
 社会保険事務所へ出向いて、所定の用紙に必要事項を書き込んで申し込めばよいらしい。これならば振り込みや払い込みを忘れることもないし、便利でもある。金額も別に変わらないし、おそらくこれだけポイントを発生させないとかいうこともないのであろう。

■ この社保庁のクレジットカード受付は、おそらく国庫金としては初の改革ではないかと思うのである。それだけ国民年金の滞納を何とかしたいという必死さの現れでもあろうけれども、この先例主義が跋扈する我が国の行政機関において、クレジットカード払いに風穴をあけたことの功績(罪?)は、意義があるように思う。
 何が言いたいかといって、要するに

特許庁への費用もクレジット払いになってくれないかなぁ、

とそういうことなんだけどね。

■ いま、特許庁へ出願等する際に利用できる料金納付の方法は、基本的に4種類。ひとつは「特許印紙」という印紙を買って、これを出願書類に貼り付けて提出する方法である。これは紙出願(電子的に出願しない場合)のときだけ使える。
 一番一般的(利用率98%超!)なのは、予納口座というのを特許庁へ作成しておき、ここへ予めある程度の料金を積んでおく方法である。積み込みはふつう、特許印紙を使って行うが、わざわざ特許印紙を購入しなくても、例えば弁理士協同組合のサービスを使えば、銀行振込で積み込みをすることもできる。もっとも、これは協同組合に加入している弁理士に対する特典である。
 特許庁では、課金のたびに予納口座から金額を引き出していく。この引き出しのタイミングはさまざまで、一般的な出願の場合でだいたい翌開庁日、優先権主張を伴う出願などの場合はもう少し遅い。だいたい3日くらいかな。いずれにしろ、そのとき額が落ちないと、いろいろと問題になるのである(詳しいことは書かないこととする。いまさらだから)。

■ さらに、もう一つ
比較的新しい納付の方法として、「現金納付」というのがある。これは特許庁発行の専用納付書を使って、日本銀行窓口で現金支払いをする方法である。この場合、納付書の番号11桁が付与されるので、この番号を【手数料の表示】欄に、【納付書番号】として記載することになる。

【手数料の表示】
 【納付書番号】 XXXXXXXXXXX

と、こんな感じ。ただし、納付済証を手続補足書とともに別途、特許庁に郵送する必要がある。
 いかにも面倒なので、利用率は極めて低い。というかやっている人をツイゾ知らない。

■ 現時点でもっとも新しい納付方法は、「電子現金納付」である。pay-easy(ペイジー)を使った納付である。
 電子現金納付では、電子出願のソフトウエアで、「納付番号」というのをまず取得する。そしてその画面からリンクされる先(ウェブサイト)で、自分の契約しているインターネットバンキングの管理画面を呼び出す。そこで pay-easy を使って、納付番号で特定される納付先へ納付を行う。
 そして発行された「納付番号」を【手数料の表示】に記載する。納付番号は4桁ずつハイフンで区切られた16桁の番号で、手数料の表示欄は、

【手数料の表示】
 【納付番号】 XXXX−XXXX−XXXX−XXXX

というような感じになる。この方法は、現金納付よりずっとラクなせいか、利用率は徐々に上がってきているようである。まぁ、予納口座と入れ替わることはないんだろうけど。

■ そして特許庁から発表されている、次にくる納付方法が、既にいつぞやご紹介した口座引き落としである。これが可能になると、一々の納付手続が不要になってさらに便利である。しかも口座管理は普通の銀行口座の管理だし、通帳を印刷すれば引き出された額の管理もカンタンである。インターネットバンキングならば、口座管理ソフトのフォーマットで書き出してくれる機能があるものもあるし、いろいろよさそうだ。
 そしてその次に、クレジット払いが始まってくれないかなぁ、と私は思うわけである。というのも、一般に手続料金は立替金だから、これが大きくなると、立替金が支払われるまでの間、ちょっとキツイという事態が生じることがあるのである。特に高額になって以来「審査請求料」というのが大変ツライのである。短期的に借金をする手もないではないが、利息はゼロになってくれないわけだから大変なのである。弁理士が皆、そんな金持ちじゃナイゾ。
 これがクレジット払いならば、立替金が入ってくるタイミングとクレジットの請求タイミングとの差だからよほど短期間の借入で済むようになるか、またはクレジット請求があるときには既にお客様からの支払いがあるというケースも期待できる。
 いままでは先例がないからしようがないか、と思ってきたが、社会保険庁がやっているじゃないか。それを先例として、ぜひどうだろうか。まだ難しいのかなぁ。

■ 今日のような雨の予報される日に、洗濯物を乾かすのに、浴室乾燥などという高級機能のない我が家では、ごくフツーの除湿機を使っている。ところが先日、気がつくとコンプレッサーの音がしない。7年間使ってきた除湿機がついに壊れたのである。仕方なく、近所の家電量販店へ出かけていって除湿機を新調することにした。この時季としては思わぬ出費で泣きが入るが、クレジットカードのおかげで支払いは先延ばしすることができる。新調した機械は、コンプレッサー式ではなく、デシカント式のものだ。仕様上の消費電力はほんの少し高いが、梅雨寒の時季にはコンプレッサー式より乾きがよいだろうと思ってのことである。乾かないままコンプレッサーを作動させ続けるより実働時の消費電力は低くなるのではないかと期待している。
 帰りがけ、量販店のポイントを確認すると、ポイントバック量は僅か「ン%」。あっちの量販店で買った方がよかったか、などとセコイことを考えたり。

|

« [弁理士試験]吉藤を読む(2) | トップページ | 乱読日記[83] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風穴のはなし:

» コンデンス除湿機の限界 [除湿機はコンデンス除湿機がおすすめ!]
主人のくしゃみがとまりません。コンデンス除湿機を買って以来花粉がつかないように洗濯物はほぼ室内干しをしています。しかし、外に出かけたら花粉を吸い込むに決まっているやん。自分の服にだって花粉をつけて帰ってくるわけですし、子供も花粉をつけて帰ってくるし、花粉の侵入を防げるわけありません。「そんなにひどいのならマスクしてよ。」と思います。ひげも最近生やしていますが、あのひげにも絶対に花粉をつけているにちがいありま�... [続きを読む]

受信: 2008年3月31日 (月) 17時49分

» 自動車関係のお得なクレジットカード [クレジットカードのお得な情報]
自動車関係とクレジットカードは非常に相性のいい組み合わせとして知られています。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 23時04分

» クレジットカードのショッピング枠を現金化/キャッシュグリーン [クレジットカードのショッピング枠を現金化/キャッシュグリーン]
クレジットカードのショッピング枠を現金化します。 サラ金ではありませんので審査、保証人、面倒な手続き等は一切必要ありません。 お金で悩む前にまず一度HPを覗いて見て当社スタッフに何でもご相談ください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 14時28分

» 自動車 保険 ランキング [自動車保険比較情報ガイド]
自動車に関する保険,自動車保険。万が一の時に役立つ安心な保険が自動車保険です。自動車保険のランキングを見るとどのような自動車保険が選ばれているのかわかります。 この自動車保険のランキングは,単なる数字ではなく,各保険会社の努力の結果となるのです。 2005年..... [続きを読む]

受信: 2008年4月19日 (土) 02時34分

« [弁理士試験]吉藤を読む(2) | トップページ | 乱読日記[83] »