« No follow-up for this week | トップページ | 最後ではない最後のはなし »

2006年7月 3日 (月)

[弁理士試験]2次私見

2次試験(必須)が終わりましたね。選択免除組の方々はお疲れさまでした。 選択ありの方はもうちょっとですので頑張って下さい。

▽某巨大掲示板で、早速、問題文を見ましたが、どれも長い問題ですね。驚いてしまいます。こうなると一見、論点が多そうな感じですが、実質的には手続の流れを説明する問題に近いようです。 と、いうわけで、論点公表前に私なりに記載点を考えてみます。と、いっても受験から早くも6年目、「受験脳」の年齢は大分錆びついた歳になっていそうですし、法令集も確認せずに行きますので、外したらちょっと恥かもしれませんが…。

スペースの都合上、特許だけに限りますね。
■ 分析
□本文

・「新規な駆動機構A」→ 特許要件の一部具備
・クレイム→構成要素は駆動機構Aのみ。
・「請求項1のみである」→ このまま権利化されれば訂正の余地なし
・「…記載がされ」→ 36条を考えるな(?)
□(1)
・甲、出願後、実施 →実施品、つまり早期審査請求の対象
・乙、「駆動機構Aを備える玩具」→侵害品か?? 早期審査、優先審査の対象 ただし課題との関係で、「新規動作」をしない場合が問題か??
□(2)
・補正がされず → 出願時のまま、という意味かな??
・丙 → 許諾による通常実施権 → 第三者対抗要件として登録を要する
・丁 → 専用実施権契約 : 独占的通常実施権?? それとも登録を要すると書かせたいか??
(それにしても甲は悪いヤツだ)

■ 検討
□(1)の各問の検討
(イ)早期権利発生: 早めの攻撃全部か?? そうすると、
・早期公開請求 → 補償金請求権 公開されたら、警告(相手方特定のこと)
・審査請求 ∵ これがないと権利化されない
・優先審査 ∵ 乙が業として実施していると見られる
・早期審査の請求 ∵ 自己実施品、乙の実施

(ロ)金銭支払い??
・補償金について:公開、警告後の実施以降など、一部であること
--- 損害賠償については民法709の要件に従って考える
・権利範囲:作用効果による限定的解釈の余地
・具体的損害の発生の因果関係
・金額に関係する事項は論じるなとあるので、それ以上は書かないかも。

※一瞬、先使用権などが頭をよぎりますが、丁寧に「なお」書きで捨ててくれてますね。

□(2)の検討
・まず 「甲による行為、について」 
・丁は専用実施権を発生させるため、登録が必要 ∵登録が専用実施権の効力発生要件
・「甲の実施不可」との特約は不要。

・「丙による行為、について」
・丁は専用実施権を発生させるため、登録が必要 ∵登録が専用実施権の効力発生要件
・丙が登録していないこと。 ∵丙が第三者対抗要件を備えていると、後から権利を得た丁にも対抗できてしまうから、

 …こんなものかな??

(2)では、「契約を結んだ」と思わせぶりに書いてますので、独占的通常実施権かな、とも思えてしまいますが、結局は「どのような場合に、専用実施権に基づいて…可能か」になってますので、独占的通常実施権の現れる余地はありそうにないですね。仮に記載するとすれば、「当事者間の合意による…」として、甲の行為について登録不要な場合を書くときでしょうか。ただ、問題が「専用実施権に基づいて」だからねぇ。保険のために題意把握ミスを採られない程度に書くかなぁ(本番だと大いに迷いそう)。

※独占的通常実施権:法律上の文言ではなく、講学上の言葉である。独占的実施の特約を伴う形の通常実施権のことで、専用実施権の契約締結から登録までの間、専用実施権の発生が予定されている側には、この独占的通常実施権が発生すると言われる。たしか判例がある。

まぁ、しかし、こんな長文問題ですと、分析に時間もかかりますし、お疲れのことでしょう。本当にお疲れさまでした(あ、選択がある人はまだなのか!)。

|

« No follow-up for this week | トップページ | 最後ではない最後のはなし »

コメント

論点発表があったようですね。
やや曖昧な点が多いですが、明らかに、私が落とした点として、「実案への変更」がありますね。これを入れますと、留意点の記載が多くなるし、書きにくそうですが、気がついたら入れておくのが無難でしょうね。でもまぁ、入れてなくてもいいような気もします(合否判定に影響がないような、という意味)。

「間接侵害」も落ちてます、と言われて気がついたんですが、私、問題の読み違えをしてました。

投稿: ntakei | 2006年7月 3日 (月) 17時03分

幣所の受験生3名に、今夕のご苦労さん会の際 
麦ジュースを飲みながら尋ねたのですが、
3名全員、見事に、実案を書き落としていました!

どうやら書かなかった人の方が多数派のようでした。
さて、今年の結果はいかに??
==大ネコ

投稿: 大ネコ | 2006年7月 3日 (月) 18時49分

弊所でも、実案を書いたのは1名(3名中)だけのようでした。却って書いた人のほうが、「大丈夫だろうか」と気にしているようです。

投稿: ntakei | 2006年7月 4日 (火) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165428/10766953

この記事へのトラックバック一覧です: [弁理士試験]2次私見:

« No follow-up for this week | トップページ | 最後ではない最後のはなし »